ページトップへ戻る

採用

Interview

検査業務をメインに
自分の成長を叶えられる
環境があります

東京本社 環境企画開発室/主任 検査スタッフ

石井 悠樹

(2011年入社)

Profile

大学では寄生虫の研究を専攻し、そのころから検査業務を志望し
就職活動を始めシェル商事に出会う。
今は水質検査業務の検査スタッフとして活躍。

研究技術を生かし夢を叶えることができた

僕がシェル商事に入社したのは大学新卒での入社でした。大学も理系の学校でして元々検査業務をやりたいと思っていましたので、企業の合同説明会でシェル商事を知って水質検査業務をやりたいと思い志望しました。代表も若く熱心に説明していることが非常に印象に残っています。
企業見学会に参加したのですが、若い方が活躍できる環境だってことも社員の方を見て良くわかりましたし、大学で学んでいた研究の技術が生かし、やりたい仕事が出来る夢を叶えることができる環境が揃っていると思いまして入社をしました。

様々な仕事にチャレンジできる環境

僕が所属している環境企画開発室では、主な業務はもちろん水質検査なのですが、企画の仕事もプラスアルファで従事しております。水質検査は冷静に正確に業務に勤めなければなりませんので非常に緊張感がある仕事なのですが、一方企画業務は「よりシェル商事のサービス品質をよくするためには」を考えるアイディアを出さなければいけない業務です。そこでメリハリが生まれて非常に楽しく仕事をしています。具体的には品質向上のための現場作業マニュアルを作ったり、水質検査業務の採水マニュアルを作ったりしています。さらにはバイバイラットという超音波でネズミを防除する機器の開発も行っております。シェル商事の品質を担保するために日々アイディアを出し合っており、様々なことにチャレンジできていて満足しています。

チームの大黒柱になりたい

メンバーは中途で入社したスタッフが多く、新卒で入社した僕はメンバーから様々なことを学べています。シェル商事のスタッフはコミュニケーションを大切にしているので、円滑に業務が進んでいますし気持ちよく仕事ができます。それに、周りの人から刺激を受けるということはとても大切だと思います。自分の成長があったり、企画など様々な業務にも携わっていて経験が増えてきたと感じています。もう少し先になるかもしれませんが、検査業務や品質向上への企画業務でチームの中心的な存在になれたらと思います。メンバーが経験豊富なプロフェッショナルなので更に僕が成長しなければならないかもしれませんが、ゆくゆくはチームを支えられる大黒柱になれたらと思っています。