ページトップへ戻る

採用

Interview

オールマイティーな営業として
様々な業務で活躍していきたい

東京本店 第2グループ/係長/営業スタッフ

大野 正寛

(2009 年入社)

Profile

東京本店にてアルバイトをし、そこをきっかけに社員として入社し今に至る。
最近では新人教育にも積極的に携わり、
人財を育てる業務とともにチームリーダーも勤めている。

スタッフの人柄と環境の良さを感じて入社

シェル商事に入ったきっかけは先輩スタッフからの勧めでした。大学生のときからシェル商事でアルバイトとして働いていて、当時いらっしゃった先輩社員の方と非常に仲良くさせていただいていました。私が進路を迷っていた時に、その方が「シェル商事は働きやすい会社だよ」と社員になるのを勧めてくれたのです。アルバイトをしている中で仕事も理解していましたし、何より先輩方々はじめスタッフの気さくな人柄に惹かれたことや明るい雰囲気が気に入っていて入社を決めました。今も以前からの環境の良さは変わらず、毎日楽しく仕事ができています。

お客様の声がモチベーションの原動力

私も当社の業務は汚れる作業をするというイメージがありましたが、実際に業務に携わるとクリンネスの仕事は思ったものとは違いきれいな仕事なんだなと思いました。仕事も環境に携わる社会貢献度の高いものですし、何より多くのお客様が大手上場企業であるため社会の大きな役割を担っていると思うと気が抜けません。そして現場での技術も必要ですが、何よりお客様とのコミュニケーションが大事な仕事なんだということを仕事をしていく中で学びました。今はお客様に「大野さんに任せていると安心です」というお言葉もいただけたりします。それが、お客様第一の精神で日々仕事に向き合っていることのモチベーションの原動力となっています。

オールマイティーな営業でありたい

今は自分の仕事はもちろんのこと新人の教育にも携わっています。僕は「オールマイティーな営業」でありたいと思っているので、営業活動や現場技術だけではなく、新しく入ったスタッフにも仕事を覚えてもらったり、それがゆくゆくは会社の成長に繋がるような仕事もしたいと思い新人教育を始めました。その想いから、「マネージャーをやってみたい」と思うようになりました。人があってのこの仕事だということを感じていたからこそ、スタッフにもお客様にも密に関われる仕事をしたいと思っています。